便秘のタイプに応じた対処方法、悪化しないために

便秘のタイプに応じた対処方法、悪化しないために

便秘は皆さんも一度は経験したことがあると思います。便秘にはいくつかのタイプがあり、適切に対処しないと改善するどころか逆に悪化してしまうことがあります。
色々試しているけど全然よくならないとお悩みの方々のために、今回は便秘のタイプに応じた対処方法をご紹介したいと思います。

 

便秘とは?

 

まず初めに便秘の定義とは何でしょうか?
実は曖昧ではっきりとした定義はありません。3日間便が出ないと便秘と言われる事もありますが、3日間出なくても本人が苦痛を感じていなかったり、生活に支障が出ていないのなら便秘とは呼べません。本人がどう感じているかというのが大きなポイントなんですね。

 

便秘の種類

 

単に便秘といっても種類があります。
大きく分けると機能性便秘と器質性便秘に分けられます。

 

機能性便秘とは不規則な生活習慣や食事などによって引き起こされる便秘のことで、器質性便秘とは大腸や肛門などの消化器そのものに問題があって起こる便秘です。
一般的に多くの方が悩まされるのは機能性便秘です。ここからは機能性便秘に的をしぼってお話ししていきます。

 

機能性便秘とその対処方法

 

機能性便秘のうち弛緩性便秘、痙攣性便秘、直腸性便秘の3つについて解説します。

 

弛緩性便秘は女性や高齢者に多い便秘です。ダイエットをしたり運動不足によって筋力が低下すると腸の動きも弱ってしまうので、便が出にくくなります。便がコロコロと固くなり、お腹が張ったり、肌が荒れたりします。

 

 

このタイプの対処方法はウォーキングや腹筋を鍛えるなどの運動をする事です。また腸を動かしてあげることが必要なので、腸の動きを良くしてくれる食物繊維の摂取が大事になってきます。食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類があり、弛緩性便秘の場合は特に不溶性食物繊維を摂る必要があります。具体的にはキノコ類や、ゴボウなどの根菜類、緑黄色野菜を食事に取り入れることを心がけましょう。水分の摂取も重要です。運動や食事で改善が見られない場合は便を柔らかくしてくれる酸化マグネシウム製剤や腸を刺激して排便を促す刺激性下剤が適した薬となります。ただし薬の連用は効果が無くなってきてしまうので運動と食生活の改善が重要です。

 

痙攣性便秘は緊張やストレスによって自律神経の働きが乱れることにより腸の動きが過剰になってしまうタイプの便秘です。仕事や人間関係でストレスを感じてる人に多い便秘です。便がコロコロとして固くなり、下痢と便秘を繰り返すこともあります。たぶん私がなるのがこのタイプ。

 

こちらも食物繊維の摂取は大事ですが、注意点があります。先ほどの弛緩性便秘とは異なり腸が動きすぎている状態なので、腸の動きを助ける不溶性食物繊維を摂ると悪化させてしまう恐れがあります。こちらには海藻やこんにゃくなどに含まれる水溶性食物繊維が適しています。水溶性食物繊維は便のカサを増す効果があります。

 

ストレスによる自律神経の乱れが原因なので、たまには仕事を忘れて趣味に打ち込んだり、旅行に行ったりしてストレスを貯め込まないことが重要ですね。薬は大腸刺激性の便秘薬は逆効果ですので注意しましょう。

 

直腸性便秘は便が貯まっているのに便意を感じにくくなってしまったタイプです。便意があってもトイレを我慢してしまう、下剤に頼ることが多い人がなりやすい便秘です。これらの行為は本来持っている便意を感じるセンサー機能を弱めてしまいます。便意を感じないからトイレに行かない。すると、便はさらに水分を吸収され固く出にくくなるという悪循環に陥ってしまいます。対処方法は水分の摂取、下剤に頼りすぎない、トイレに行く習慣付けをすることです。たとえ便意がなくても毎朝トイレに行く習慣を身に付けることが重要となってきます。

 

いかがでしたか?単に便秘と言っても原因や対処方法は様々ですよね。今までなかなか改善が見られなかったのは、間違った対処をしていたのかもしれません。この記事がちょっとでも便秘に悩む人の助けとなれたならうれしいです。