夏の体臭は怖くない!簡単にできる体臭対策

夏の体臭は怖くない!簡単にできる体臭対策

汗をかきやすい夏場は一番体臭が気になる季節です。

 

自分ではデオドラント剤を使ったり体臭対策をしているつもりでも、実は臭いを撒き散らしている可能性があります。
他人に迷惑をかけないためにも、夏の体臭対策をしっかりおこないましょう。

 

お風呂でしっかり汚れを落とす

 

夏の汗や皮脂を雑菌が分解することで体臭となってしまいます。

 

大元の汗や皮脂、雑菌や汚れなどをしっかり落としてこそ、臭いの気にならない体でいられます。毎日のお風呂の入り方に注意して、丁寧に体中を洗うようにしましょう。

 

ゴシゴシ洗いは逆効果で、肌が乾燥して余計に体臭を強くしてしまいます。手や柔らかい素材のもので細かい部分まで洗ってあげて、すすぎをしっかりと行って汚れを体に残さないのが重要です。

 

体内からの体臭は町内環境を改善

 

体の内側から臭う体臭は腸内環境が乱れているせいで起きてしまいます。

 

腸の悪玉菌が悪臭を放つガスを作り出し、それが全身へと運ばれて体臭となります。腸内環境を整えるためには、発酵食品をしっかり取りましょう。善玉菌の元になる乳酸菌やビフィズス菌が入ったヨーグルトや乳酸菌飲料は手軽ですし、生きたまま腸まで届くタイプもあります。

 

善玉菌のサポート効果のある食物繊維も一緒に取り入れると、効果も倍増してくれます。全身の機能が高まりますし、お通じお悩みまで改善してくれます。

 

徹底したデオドラント対策

 

体温調節のためにかく汗はほぼ水分ですから、汗をかいた直後は無臭です。そこに雑菌が繁殖すると臭いがどんどんきつくなりますから、徹底したデオドラント対策をするのが大切です。

 

汗拭きシートでこまめに汗を拭いたり、持続力のあるデオドラント剤を使うなど自分に合った方法で行いましょう。スプレータイプよりもジェルやクリームタイプの方が消臭力が高いですから、殺菌や制汗効果に優れたものを取り入れましょう。

 

最近は高機能な消臭サプリなどもありますから、必要に応じて飲んでみるのがおすすめです。即効性はありませんが、続けていくうちに臭いを軽減してくれて、快適な夏を送りやすくなります。