筋トレは上半身と下半身を交互にやる事がオススメ

筋トレは上半身と下半身を交互にやる事がオススメ

効率の良い筋トレ方法として、全身的に筋トレをする時に上半身と下半身を交互にやる事がオススメです。

 

 

筋トレを効果的にしようとすると、どうしても超回復と言う休息時間が24〜48時間程かかってしまうので、筋トレをすると1日から2日程開けなければなりません。なので交互に筋トレする事で、上半身を鍛えて1日休んでいる間に下半身をします。そうする事で1日の中で全身的に鍛える必要が無くなって、より多くの筋トレメニューをこなす事が出来てます。

 

あとは上半身と下半身を交互にやるだけでなく、体の前面の後面も分ける事で身体を4分割にしてより効率的に鍛える事が出来ます。上半身の前面を鍛えた次の日は上半身の後面を鍛える事で超回復時間をしっかりとれます。もし忙しくて筋トレをする時間があまり確保出来ない人でも、1日の中で上半身の前面と下半身の前面をして、後日上半身と下半身の後面を筋トレします。

 

 

この方法は時間が無いけど全身を鍛えたい人にはオススメです。時間がある人は紹介したように体を4分割にする事で、一回の筋トレ時により多くのメニューをこなす事ができるので是非試してみてください。次に効率的に筋トレをする時に必要なのは栄養補給です。知っている人もいるかもしれませんが、人の体はタンパク質の塊みたいな物です。筋肉も例外ではなくて体の一部なのでタンパク質で出来ています。

 

 

筋トレ後は筋肉に少なからずダメージを受けて損傷がある状態なので、それを治してあげないといけません。その為にタンパク質がとても重要になります。筋トレ終了後すぐにタンパク質を含んでいる食べ物やプロテインなどを補給してあげる事で効率的な筋肉の修復を助けてあげる事が出来ます。ちなみにタンパク質を分解するとアミノ酸と言う成分になりますので、アミノ酸が入っいる補助食品などでも構いません。

 

 

筋トレ後はすぐ栄養補給と言ったように習慣付ける事で、より良い筋トレ環境を作ることに繋がるので意識してみて下さい。