男性の本気恋愛と遊び恋愛

男性の本気恋愛と遊び恋愛の違い

突然ですが、男性は単純です。ひとつの物事を考えるのに結論まで一直線。買い物ならば買いたい物がある売り場まで一直線。

 

 

興味のないものには目もくれません。全員そうだとは言いませんが・・。逆に女性は買い物にひとつにしても行動は複雑ですね。買いたい物があったはずなのにいろいろな物を見ていろいろ考えているうちに両手いっぱいの買い物袋。目的の物は買ったの?という事もあるのではないでしょうか。男性と女性の脳や思考回路には絶対的な違いがあり、それは恋愛にも言える部分です。今回は「男性の恋愛についての思考」を、「本気恋愛と遊び恋愛」に区別して考えてみましょう。

 

 

「遊び恋愛」と書くと悪い事を書いているようですが、基本的に恋愛は自由です。恋愛=結婚というルールは無く、ただ一緒にいて何となく楽しいから付き合っている。でも結婚相手には見られない。こんなお付き合いのかたちも恋愛ですよね。ただ、その思考には男性と女性で少し違いや結婚に至るフックなどが違うようです。

 

まずは<男性>

 

男性の遊び恋愛には女性のとのふれあいや肉体目的、といった女性自体への欲望がダイレクトに反映されているケースが多いようです。子孫繁栄の為の本能というと女性の皆様に怒られそうですが、本来男性とはたくさんの女性と関係を持ち、たくさんの女性との子孫を残す事が本能であると言われています。ただし今の日本社会では重婚や無差別な異性交遊はもちろん良しとされておらず、そのような行為は「浮気」や「不倫」といった不貞とみなされます。

 

 

本能のままにたくさんの女性とのお付き合いを楽しむ事は、つまり今の社会では「遊び恋愛」とみなされます。では、そのような本能を抑えてまで一人の女性に絞り、他の女性との交際をしないという「結婚」という誓いをし、一人の女性を養うために必死に生活費をかせぐ。このような一人の女性に対して「本気の恋愛」になる男性の心理とはいかなものなのでしょうか。全体的に、男性が結婚を結婚を意識する、つまり「本気の恋愛」を意識する女性の態度や行動には総じて似た部分があります。

 

 

家庭的であること、男性の自尊心を損なわないこと、自分の趣味を理解してくれる等々・・。男性は基本母親のように自分を理解してくれ、帰宅すれば癒してくれる存在に人生のパートナーとしての価値を見出す傾向が強いようです。男性には、基本的に身勝手で単純、そしてマザコンの要素が本能の中にあるのですね。でも、逆にその欲求を満たし続けてくれる女性からは離れない傾向も強いようです。男性が本能を無視し、本気で愛情を注ぎ、将来を考える女性には、男性を包み込む母親のような愛情が見えるのかもしれません。

 

 

意中の男性を本気にさせたい、絶対に結婚したい女性は、以上のような部分を意識して男性とお付き合いしてみると、最後には勝者になっている可能性も高いのかもしれません。決して男性を卑下する訳ではありませんが・・、やはり男性には、家庭を大事にする女性に憧れるマザコンに似た資質があるのは間違いないようです。そしてそのような要素を持ち合わせている女性に男性は最終的に惹かれ、本気の恋愛に発展する傾向が強いようです。あくまでひとつの傾向として参考にして頂ければと思いますが・・。男性は、基本「マザコン」資質のようです。